業務内容

オプション評価

オプション性を持つ金融商品等の現在価値を第三者の立場で評価する必要性が、国際会計基準の導入などを契機に増えてまいりました。単純なブラック・ショールズ式を用いたストック・オプションの評価から、モンテカルロシミュレーションを用いた日本版ESOPの導入に伴う保証料の算定、より複雑な各種オプション性金融商品の評価まで、幅広く手掛けております。

本業務についてはビバルコジャパン株式会社と提携をしておりますので、ビバルコジャパンを評価者とした報告書の作成についても、ご相談に応じております。